読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嵐が春を連れてくる

2月14日。

朝からすごい雨と風。嵐だ。

6時すぎ、猫にごはんをやってから布団に戻る。

8時頃、猫がやたらと何かを訴えてくるので様子を見に行ったら、出窓に吐いた跡があった。
猫なりに気を使ったのか、吐きはじめてからすみっこのほうに移動したもよう。

猫座布団も、ブランケットもまみれてしまったので洗濯する。
この天気じゃ困ったなあ、と思う。

代わりのブランケットを出してやったら、それはそれで良いらしく、香箱を組んでいた。かわいい。

昼前には雷。春雷だ。

潔癖なカミナリを連れていなくなった。

この詩が好きだ。やっぱりチバユウスケが好きだ。


The Birthday - 春雷

雨が上がったので、夜は六角橋の「くり山」へ。

久しぶりにおいしいつけ麺を食べた。
次はあつもりにしよう。

帰り、気になっている古本屋の店主らしき人とすれ違う。お疲れさまでした。来週あたり、勇気を出して入ってみようか。

Kula Shakerの新しいのを聴きながらやる気を出して掃除。
少し窓を開けたら、気持ちもきっぱりしてすごくよかった。